誰も私の思い通りには動かないってことを思い出して。

要介護4の父は何も出来ない

寝る・トイレ・ご飯

これだけ

ご飯も、なかなか食べない。

手を動かすのが大変なのか、
時間が掛かってしょうがない。

食事中でも手が止まって寝ているので、
「ごはん中だから寝ないで!」
「ごはん食べて!」
と何度も声を掛けないと、いつまでたってもご飯が終わらない。

なかなか食べ終らない父が面倒で
母が食べさせたりするけど、
出来るのにやる気が出なくて
母が食べさせてくれるのを待っているように見えてきたので、
時間が掛かってもいいから自分で食べてほしい。

私の経験上、やらなければどんどん面倒くさくなり、
何もやりたくなくなる。
やる気ない病はつらいから、
面倒なことほど、さっさとやったほうがいい。
さっさとやれば、やる気ない病は直る。

要介護4だからって、
確かに出来ないことは増えたけれど、
出来ないんじゃなくて、
やる気がなくてやらないんなら、
やればやる気が出ると思う。

で、今日の夕食中、
「食べて!」と何度も声をかけ、
スプーンを持って来たり、
ご飯にふりかけを掛けてあげたり、

そして、母と私の食べ終わった食器を洗い始めた間に、
母が待ちきれず、食べさせてしまった

それで、気分を害した私は、
家から出て、泣きながら歩いて

気が済むまで歩いている暇はなく、
家に戻り、泣きながら、
父が汚したトイレマットを浴室で洗い、

とてもじゃないけど、父の介助をする気分じゃなく、
心の余裕もなく、
トイレの介助、着替えなど、母がしているのも手伝わず、
自分の部屋で本を読んで気分を変えて。

それから、だいぶたってから父がトイレに起き、
介助して便器に座らせ、
放置していたら、
パジャマのズボンを脱ぎ捨てたので、
見ると、トイレマットが濡れ、パンツもズボンも濡れたらしい。
いったいいつ濡らしたのか

トイレマット(ゴム製)は、洗って干したばかりで、
もう替えがないから、
とりあえず拭いて、
これが、あちこち濡れているのに気づかず
新しいパンツをはかせた後、
濡れていたマットについて汚したりするので、
夜は電気をつけて、よく見て掃除してからパンツをはかせないとだめで。

そして、汚したズボンは洗濯機に入れたくないので手洗い。

これが23時くらい。

それから3時くらいにトイレで母が介助したところ、
また、どうしてこんなに、いつ漏らしたのか!?
また、濡らしたマットを拭き取り、
便座の前のほうも濡れていて、
これに気づかずパンツの後ろが濡れることがわかったので、
今後からここも気をつけなきゃ。
といろいろ拭き取ってからパンツをはかせ、
父をベッドに寝かせてから、
便器周りを掃除

そしてまたズボンを洗う。

そして、ここに書いて発散


食事も、着替えも、出来ないので、
私は、指示を出して、なるべく自分でやってほしい。
着替えも自分でしたら、体を動かしてストレッチになりそうだし。

でも、母は待ちきれずにやってしまう

そして私が切れる

あー余裕ないからしょうがないなー。

自分以外の人が、
自分の思うように動かないのは当たり前。
ってこと、
だから、思い通りに動かないからって
気分を害する私がまだまだ未熟
ってこと。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント