認知症の父の介護

そんなにダラダラしているつもりはありませんが、
家事と介護とインターネットで一日終わってしまう感じ。

インターネットがダメですね。
ダラダラしてるつもりなくてもダラダラ見てるな~

父の介護も面倒くさくなってきて、
トイレ介助はほとんど母にやらせてしまって…
トイレ介助が面倒くさいのは、
父がトイレが終わったかどうかわからないからです。
やりたくないので、
母がやってくれるのはありがたくやってもらうことにします。が、
そうすると、ポータブルトイレの汚れが放置されて、
かえって掃除が大変になるので、
掃除は頑張ってマメにやるようにしようと思います。
父がデイサービスに行っていない時に、
明日もやります
今日は、下に敷いてあるマットを洗わなかったので、
明日は洗おうと思います

家事は、やろうと思った時に、
母が先に食器洗いをしてしまうと、
相変わらずイラっとしてしまいます。
無意識に何でも一人でやってしまう母に、
何も出来ない私は焦りと怒りで、
父の介護が始まったころ、
何もできない自分が不安で、
泣きながら、母に、家事を一人でやるな!と
精神状態がおかしくなりながら言っていました。

母が父の歩行介助中に一緒に転倒して腰を痛めてから
やっと私が家事をするようになり、
まだ家のことでわからないことはたくさんあると思いますが、
まあまあ家事をするようになってきました。
こんな風に、出来ない人間に私を育てた母を恨んでいるわけですが、
それは父も、母に、何もできない人間に育て上げられていて、
そのまま認知症になり、
出来ることも何もしない→益々出来なくなる
など、困ることが多々出てきました。

認知症だから仕方ないのかもしれませんが、
元々、自分で考える力がないように思います。
最近は、お医者さんや看護師さんに質問されると、
「痛いですか?」
「痛くないっちゃー痛くないし、痛いっちゃー痛い」

「寒くないですか?」
「寒くないっちゃー寒くないし、寒いっちゃー寒い」

全部そうやって答えるようになり、
「またその答え!?」
とあきれ果てています。

トイレが終わったかどうか答えられなくなったことも、
困ったことの一つで、
これは、認知症のせいより、
肛門の病気の問題で仕方ないかもしれませんが、
トイレが終わったかどうか本人がわからないので、
終わりにして立ち上がったところでおもらし…
とかも増えてきました。

看護師さんにトイレ介助してもらった時
「おしっこ、まだ出ますか?」と聞かれて、
父「出るっちゃー出るし、出ないっちゃー…」
と答えていたのには笑いました

何を聞いても、意思がはっきりしないので、
ご飯をなかなか食べないのが、
どうしてなのかわからず、
食べたくないわけではないようで、
何が食べにくいのか?どうしたら食べられるのか?
こちらで考えて、小さく切ったり、
食べやすいところを出したり、
何をしても食べるのが遅く、
困っているのですが、
デイサービスでも、
ご飯をなかなか食べなくて困らせているようで、
「硬くて食べられないので、
次からお粥にします。
家でもお粥にしてください。」
と電話に出た母から聞きました。
本当に硬くて食べられないのかは、
違うようで、
デイサービスから帰ってきた父に聞くと、
お粥でなくてよいと言うので、
夕食は、普通に白いご飯とおかずを出して、
ゆっくり食べていました。


先週金曜日は、
腕のところのじゅくじゅくしたところを診て頂き、
薬を替えてもらって、
だいぶ良くなってきました。

火曜日午前中は認知症のクリニックで、
この時期、延期すればよかったかな~と思いながら行きましたが、
MRIで脳に出血があるのがわかったので、
行って良かったです。
午後は、看護師さんの訪問だったので、
中止するように言われた薬を抜き取るのを
やってもらい、
在宅医療の先生にも報告してくれて、
連携してやってもらえるので助かります。
が、3割負担、きついです。
って、今、コロナの影響で、
お仕事、収入、大変な方がたくさんいらっしゃるので、
うちは、年金収入で平和に暮らせることに感謝です。

頭が取っ散らかっていて、
文章を書くのも時間が掛かります。

家の中のいらない物を片付けて、
私の頭も整理されて、
いろいろやることが早く出来るようになって、
やりたいことがたくさんできるようになりたい

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント